上田慎一郎監督『カメラを止めるな!』の感想

見ました。話題になってた映画なので、話題になってるタイミングじゃなく話題にならなくなってから見ました。単なる中二病からくるアレです。あと、あんまり世間の評価に惑わされたくないぜ、という気持ちがあります。

映画『カメラを止めるな!』公式サイト
映画『カメラを止めるな!』の公式サイトです。ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾作品。短編映画で各地の映画祭を騒がせた上田慎一郎監督待望の長編は、オーディションで選ばれた無名の俳優達と共に創られた渾身の一作。 脚本は、数か月に渡るリハーサルを経て、俳優たちに当て書きで執筆。他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分...

結論を言うとあんまり面白くなかったです。なんか普通にクオリティ低いな、と。めちゃくちゃ低予算映画なのは知ってたんですが、にしてもクオリティ低いなというのが感想です。

序盤の長回しのところは「ほんとにずっと長回しですげー」とは思いましたが、「すげー」と「面白い」は違うわけですよ。で、面白くはない。

俳優に魅力がない、というのがめちゃくちゃでかい。監督役の人はいたたまれない感じがよく出てて悪くないんですけど、それ以外の人がなんかこう、華がないし、見ていてつまんないんですよね。たとえば國村隼とか小日向文世とかってずっと見てたいじゃないですか。ピエール瀧とか。そういう人がいない。ひとりでもいれば違うんですけど。

見てる間、ずっと三谷幸喜の作品が頭に浮かんでしまって。『ラジオの時間』とか『笑の大学』とか。作品の中で作品を作るんだけど、それがどんどん別物になってしまうやつ。これもそのジャンルなわけです。

で、三谷幸喜の作品と比べたときに、なんかセンスないなーというのが素直な感想で。ひとつひとつのギャグとかアイデアに素人臭さを感じてしまう。「思い付いたものをとりあえず全部入れてみた」というような。三谷幸喜の方は取捨選択してる感じがするし、そもそも地肩が違うと思うんですよね…。アイデア出し能力の。

演技について言うと、映画内映画なので、内側の映画の方はまあ演技が下手でもいいんですけど、外側の「現実」の方は演技が下手じゃだめじゃないですか。そこは際立たせないといけないし、そこがちゃんとしてないと「全部映画内映画じゃん」ということになってしまう。で、そうなっちゃってるんですよね。これで現実パートの方がドキュメンタリーレベルでリアルなら、是枝監督作品とか『萌の朱雀』みたいなことになってるなら、三谷幸喜作品とは違う方向で「すげー」ってなったと思うんですけど、現実パートの演技が下手なので、茶番にしか見えない。茶番だとすれば三谷幸喜レベルの面白さにはなってないと。

アイデア勝負の映画なんだろうけど、大枠のアイデア以外特に見るとこないなーという感じです。低予算で頑張って売れたものに対してこういうこと書くのは世間様の反応が怖いんですけど、個人的にはダメでした。見てる間ずっと「違う…」と思って見てました。

映像
マンガとかの感想を書く!