中てい・壱崎煉『彼は彼女に変わるので』の感想

絵が良い。

男子高校生が出てくるんですが「クールっていう設定」という体で見せられてるんじゃなくて、本当にクールに見える。絵だけで。

無駄に背景を書き込んでないから読みやすい。

主人公の男が「夜になると女になる」っていう設定で、まあ設定自体は『らんま1/2』なんですが、雰囲気は全然違います。

コミカル要素ゼロ。

一応コミカルなシーン出てくるんだけど、絵柄がクールすぎるので全然コミカルには見えない。

でもそれはそれで良いと思うんです。独特の雰囲気を持ってるし、絵もうまいから。絵がうまいってだけで読み進めようっていう気持ちになる。

画期的なのは、女になってるときは気持ちも女に近づくんですよ。言われてみれば、たしかにその方が自然だと思う。

絵も良いし、設定も良いんだけど、なんとなく面白くないは暗くて地味だからだと思う。かと言って明るくしたらこの作者の持ち味が消えてしまう気がするし。

なんか、書くものが違うと思う。もっと適した設定、テーマがあるはず。

惜しい。惜しい感じがする。

マンガ
マンガとかの感想を書く!