福田晋一『その着せ替え人形は恋をする』の感想

女の子がかわいい

何がいいって女の子がかわいいっすわ。目が。目と顔立ちが。それだけで読み進める気がする。

主人公の男が雛人形師っていう設定のためお裁縫が得意で、クラスで一番かわいい女の子がコスが趣味で。「俺とは住む世界違う子が実は同じ趣味でつながってる」系の都合のいい話ではあるんですが、主人公の人柄に好感が持てるので「なんじゃそりゃ」とはならないです。

で、女の子がエロゲ好きっていう、また都合のいい設定なんですけど、主人公がそれにすぐに食いついたりしないので共感できます。そんな都合のいい設定に乗るような主人公は嫌なので。そういう設定だからこそ、主人公にはストイックでいてほしい。

『僕の心のヤバイやつ』のラッキースケベ度を増やしたバージョン

ざっくり言うと『僕の心のヤバイやつ』です。それの主人公がちゃんとしてる版。一方でラッキースケベ度はより増してる。

けど、ちょっと先走りすぎだわ。女の子が。もうちょっとこう、出し惜しみしてくれないと。ありがたみがない。

なんやかんや読み進めてみると、ほんとラッキースケベが主体なんですよね。なんだけど、都合がいいんだけど、主人公の男が真面目なので、こちらとしても堂々と読み進めることができる作りになってます。

絵もいいし、「罪悪感を感じることなくラッキースケベものを読みたい!」という日にはいいんじゃないでしょうか。そういう気持ちが高まってきたら続きを買おうと思います。