園子温監督『愛なき森で叫べ』の感想

「園子温監督作品は当たり外れが多い」という認識で生きてるんですが、結論から言うとこれは外れです。

愛なき森で叫べ | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
自主映画を制作する若者や悲しみを抱える女性たちだけでなく、その家族の人生にまで入り込み、思いのままに彼らを操る詐欺師。そのゆがんだ欲望は尽きることがない。

タイトルからして『愛のむきだし』を思い浮かべるし、北九州の事件をベースにしてるということは『冷たい熱帯魚』も入ってるんだろうし、でんでんもいるし、要は「愛のむきだし+冷たい熱帯魚=面白い」という予定だったはずなんです。監督自身はどう思ってたか知りませんが、企画した人たちの意図としてはそういうことだろうと思うんです。この映画でもって園子温好き勢をNetflixに加入させたろう、とい意図を持って。

で、監督にやる気がなかったのか分かんないですけど、つまんない茶番でした。園子温監督の映画はいつも茶番なんですが、「茶番だと思ってみてたらいつの間にか惹き込まれて感動している自分がそこにいた」みたいな現象が発生するじゃないですか。それが園子温じゃないですか。『ラブ&ピース』とかは本当に良かったんですよ。茶番ながらも、ラストに向かってまっすぐ進む姿が。泣いてましたもん。気がついたら。

なんですが、『愛なき森で叫べ』はダメな方の茶番です。要するにただの茶番。なんのリアリティもないし、あえてリアリティを捨てることの意味もない。じゃあリアルにしてほしいわ。だったら『凶悪』の白石和彌監督に撮ってほしい。北九州の事件を描くんであれば。

北九州の事件は単なるネタでしかなくて、『愛のむきだし』の方向を狙ったんだとしても、成功してないなと。成功してないというか、滑ってんなと思いましたね。俳優、スタッフ、監督の誰かひとりでも「あ、これ愛のむきだしっぽいな」って意識したらもうダメじゃないですか。勢いって、そういう冷静になる瞬間がないから生まれるのに、「あ、これあれじゃん」ってなったら、もう醒めてますもん。その時点で。そういう感じをはしばしに感じた。「園子温、って感じでやればいいんですよね?」というような。

ほんと普通の感想ですけど、登場人物の誰一人として感情移入できなかったですもん。何をどう考えたらそういう行動になるの? ってずっと思ってましたもん。椎名桔平が演じてるサイコパスは、まあ面白かったんですけど、この人はサイコパスなんで感情移入の対象じゃないんですよね。そうなると、別の誰か、まあ、自分が「この人はまともだな」と思える誰かに自分を重ねないと、物語に入り込めないですよね。案の定入り込めないまま終わってしまった。

結局何がやりたかったんだろうな。よく分からない。

青い髪の女優さんは素敵だな、と思いました。あとは椎名桔平のサイコパスもまあ悪くはなかったんですが、でも『冷たい熱帯魚』のときのでんでんの方がもっと良かったからなー。比べると見劣りしますよね。

あかんかった。

映像
マンガとかの感想を書く!