佐野菜見『坂本ですが?』の感想

ブックオフ巡りをしてると、このマンガ、やたらと見るんですよね。で、面白そうな雰囲気を醸し出してるので手にとって読むんですが、ちょっと読んでみるとなんか寒いのでそっと棚に戻してたんです。

でも、気になるは気になっていた。

それで、マンガを買い漁ってるときにまとめて買ってみたんです。めちゃくちゃ安かったし。

真っ向勝負のギャグマンガではあるんですが、登場人物が突っ込むことがないので、比較的安心して読むことができます。ツッコミ役の常識人がいなくて、登場人物が全員ちょっと狂ってる系のやつです。

そんなわけで、それほど寒い思いをすることもなく、笑えるところもあるという安心設計になってました。

ものすごく面白いということはないんですけど、なんか好感が持てるというのが不思議です。なんでなのか。理由を考えてみました。

たぶん、この佐野菜見という人は「まだまだ自分には面白さが足りない」と思ってるんじゃないかと思うんですよ。何か目指す面白さが見えてはいるんだけど、それを表現するだけのスキルが足りないという感じが。良く受け取り過ぎかもしれませんが。なんかそんな感じがする。自分のセンスに慢心していない。自信がない感じが滲み出ている。

実際、回を追うごとに面白くなっていってるんですよね。ギャグが。大爆笑とかではないんですけど、クスッ、ってなる頻度が増していってる。

「クスッ、ってなる頻度が増えていく過程を楽しむマンガ」として考えると、すごくいい作品な気がします。

それはそれとして、ギャグマンガについて思うのは、もう「寒い」ってところを無視して「面白かった」というところだけを評価した方が良いのかなって思うんですよね。芸人のネタとかもそうですけど。すべてのボケが面白いなんて奇跡みたいなことはないわけだから。面白かったボケの絶対数を求めた方が良いのかなという気がしてます。打率ではなく、本数。

マンガ
マンガとかの感想を書く!