小川幸辰『エンブリヲ』の感想

独特なマンガです。

諸星大二郎と楳図かずおの雰囲気をベースに、昆虫の生態に関する専門知識を織り交ぜて、ナウシカっぽく仕上げてみたみたいなマンガです。寄生獣の感じも入ってる。それだけ聞くと面白そうな話に思えるんですが、実際かなり面白いんですが、「絶対に面白いから読んでみて!」とおすすめできる感じではないというか。たぶん、多くの人が受け付けない絵柄、内容なんじゃないかと思うんですよね。そんなこともないのかな。寄生獣はかなり売れたわけだし。ちょっとよく分かんないです。面白いんですけど、面白さを説明するのが難しい。後半ぐだぐだになる部分もあるし。

マンガ全般が好きな人なら面白いと思うんだけど、マンガを読み始めた人におすすめするマンガではないなとは思うんです。でも、ちょっと現代的にアレンジすればすごく売れそうな気もする。ほんと説明が難しい。読んで判断してください、という感じ。このマンガをどれだけの人が面白いと思うのか、自分にはまったく想像ができない。そういうマンガです。