小林キナ『ななしのアステリズム』の感想

百合ものです。でもあんまりドロドロしてないやつです。絵柄もキャラも好感が持てる感じ。すっきりしてる。シスコンものでもある。道ならぬ恋。

ただ、あんまり面白くないんですよね。作者が誠実に書いてるのは分かるし、すごく好感が持てるんだけど、優等生すぎるというか。やっぱりちょっとはドロドロしてほしい。少なくとも『リズと青い鳥』くらいのドロドロ感はほしい。ドロドロしてない百合ものは単なる友情もので終わってしまう。そんなことを再認識させられるマンガです。いいマンガなんですけどね。いいマンガなんだけど、自分が読みたいのは『カイジ』であって、『ワンピース』じゃないんだというか、そんな感じです。心がきれいな人の読む百合もの。ほんと、誠実な作者の描いた誠実なマンガなんですけどね。

でも、この誠実さで、だんだんドロドロしていく展開ならそれは面白いのかもしれない。けど、たぶんそうはならないんだろうなという気がしている。そういう爽やかさを求めてる人向けのマンガなので、それはそこで完結してるので、自分としては出ていくしかない気持ちです。でも悲しくはないです。

マンガ
マンガとかの感想を書く!