河本ほむら・尚村透『賭ケグルイ』の感想

売れてるマンガって敬遠しちゃうじゃないですか。中二病が抜けないので。

そういうのを差し引いて考えても、『賭ケグルイ』は絵が苦手というか、全体的に安っぽい感じを醸し出していたので手に取るのを躊躇してたんですね。面白いかもしれないけど、まあたぶん安っぽいんだろうなー。安っぽいものを積極的に読む気しないなーと。

でも、面白いコンテンツなんてそうそうないので、多少安っぽかろうとちょっとでも面白そうならなんでも読んでみよう、と思ったわけです。ある日。

それで読んでみたんですが、普通に面白かったです。安っぽいのが逆に良い。安っぽいのは欠点じゃなくて、むしろ魅力やなと。

ほら、『魁男塾』なんかもめちゃくちゃじゃないですか。でも面白いじゃないですか。それと同じですよ。荒唐無稽で安っぽいから娯楽として楽しいんですよ。気軽に読めて、楽。

すべてのマンガが、いがらしみきおの『アイ』みたいな感じだったら生きてくのつらいっすもん。ああいうのはたまに読むから良いんであって、あんなん毎日読んでたらすぐ鬱になる。

で、『賭ケグルイ』の安っぽさ、ご都合主義は鬱状態から救い出してくれるパワーがあるんですね。良いです。名作ってことはないですが、一家に1シリーズあってもいいんじゃないでしょうか。どうでしょうか。