河村ほむら・内々けやき『文武両闘 最強才智の育て方』の感想

1巻だけ買って、読んで、「なるほど」とか思った後で Amazon のレビュー見たんですが、めちゃくちゃ酷評でした。ゴミ扱い。

個人的にはそこまでつまんないとは思わなかったというか、少なくとも1巻の終わりまで退屈することなく読めたのでそこまでひどいか? と思ったんですが。

なんか、このマンガの内容よりも「Amazon で他の人の評価を見てしまって影響されてしまう。同調圧力にさらされる」っていうことの方が問題というか面倒くさい気がしてきた。ほんと他人の評価読むのやめとこ。いいことなんてひとつもないんだから。

で、読んでたときの思いを手繰り寄せて感想書きますが、やっぱりそこまでひどい内容じゃないと思うんですよね。Amazon のレビューだと「やられ役のキャラの掘り下げが浅い」とか書いてあったんですが、そんなん掘り下げも何もないじゃん。こんな荒唐無稽な話で。それにパターン化された「キャラの掘り下げ」ならない方がいいじゃん。

絵が受け付けないってのは分からなくもない。垢抜けない絵。でもまあ、これも完璧に気に入る絵なんてめったにないんだから、そこはもうマンガ読む時に諦めてるんですよね。絵も好みで、話も面白いなんてそんな都合のいい話ないんだから。

Amazon のみなさんの評価が悪すぎたのでついつい反抗心が出てしまいましたが、まあそんなに面白い話でもないです。『賭ケグルイ』の方が面白い。でも、全巻揃ってたら読むと思う。かといって全巻揃えるほどでもない。そんな評価になります。